スポンサードリンク

2009年09月07日

さて、契約社員の場合でも正社員と同じく労働法が適用されるため、中途の退職は可能です。ただし、就業規則や契約書にある手順を踏みましょう。

契約社員で働く人は全労働者の2.3%程度と言われていますが、特に都市部や若い人に多い雇用スタイルです。
契約社員と正社員の違いで大きいところは、昇進のあるなしでしょう。契約社員は昇進することが無い代わりに転勤もありません。
契約社員にはいくつかメリットがありますが、その中でも自分のスキルや資格を生かせる職場で働くことができるという点があります。
ただし、契約社員の場合は人によって勤務体型も違いますのできちんと契約書を確認しておくことがトラブル防止につながります。

契約社員は社会保険に入れないと思っている人もいるようですが、そんなことはありません。契約書で雇用契約を結んでいれば会社から「雇われている」とみなされます。
契約社員のボーナスは正社員ほどではないものの、何がしかの支給をしている企業が全体の6割程度はあるようです。
さて、契約社員の契約期間中でも退職は可能です。ただし、会社に迷惑がかからないような退職のしかたをするのは社会人として当然ですね。
契約社員でも退職した際に失業保険をもらえる場合もありますが、雇用保険に加入していることが前提で、自己都合か会社都合かによっても変ってきます。
契約社員の募集を探すのはリクルート雑誌を見るのが一番簡単です。その場合も業種別に募集があるので参考にしてみましょう。
契約社員の面接では、自分ができる仕事や関わりたい部署などをはっきりを伝えることが大切です。
契約社員は気楽なイメージがありますが、会社としては即戦力としての採用をしているわけですから遠慮なく実力を発揮してください。
タグ:契約社員
posted by 契約社員と雇用保険 at 22:00| 契約社員と雇用保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
Global Search〜グローバルサーチ検索エンジンのサイトです。副業で稼ぐ為に検索エンジンに登録は必須です。この機会に無料で登録を! 契約社員と雇用保険の関係!契約社員が悩む雇用保険 TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。