スポンサードリンク

2009年09月12日

契約社員のメリットには、派遣会社を通さないで企業との直接契約のためその分賃金が高くなる場合があります。

契約社員の中には、専門職としてプロジェクトごとに契約をしたり、定年後も嘱託として務める場合などいくつかの形態があります。
契約社員と正社員には大きな違いがいくつかあります。特に勤務時間については、契約時に自分の働ける時間を定めることで時間的な制約が少なくなります。
契約社員のメリットとして、契約内容に勤務時間まで細かく織り込むことによって自分の好きな時間帯で働くことができます。
ただし、契約社員として働く場合は契約書を取り交わして仕事の内容や契約期間、給与体系などをきちんと確認する必要があります。
契約社員のデメリットとしては、雇用の保証が難しく会社の業績が悪化した場合のリストラ対象になりやすい点があります。
契約社員は社会保険に入れないようなイメージがありますが、そんなことはありません。2ヶ月以上の雇用期間があれば加入可能です。
契約社員にボーナスを支給しているかどうかはその企業によります。ただし、支給している場合でも正社員ほどの額ではないことが一般的です。
さて、契約社員が契約期間中に退職をする場合、契約書の中にある就業規則に従って届出をする必要があります。
契約社員が失業保険を受給できるかは、雇用保険に加入していたかどうかによって変ってきますので契約書を確認してください。
契約社員の募集を探すには、リクルート雑誌などを見るのが一般的ですが、直接企業に問い合わせをすることもできます。
契約社員といっても、面説は自分を売り込む場ですからきちんとしたスーツを着ていくのが基本です。ただし、学生でもないのにリクルートスーツは避けましょう。
契約社員だから責任がないわけではありません。採用されたなら会社の立派な戦力として働く自覚が必要です。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員と雇用保険 at 18:00| 契約社員と雇用保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
Global Search〜グローバルサーチ検索エンジンのサイトです。副業で稼ぐ為に検索エンジンに登録は必須です。この機会に無料で登録を! 契約社員と雇用保険の関係!契約社員が悩む雇用保険 TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。