スポンサードリンク

2009年08月18日

契約社員というと、社会保険には入ることが出来ないという誤解があるようですが、2ヶ月以上の雇用期間などの条件を満たせば加入することができます。

契約社員というのは、企業と期間やプロジェクトごとに契約をして仕事をするスタイルで、より自由なスタイルで働きたい人に人気があります。
契約社員と正社員の違いで大きなところは、やはり雇用契約の期間でしょう。正社員が期間を定めない(定年まで)のに対して契約社員は1年など期間ごとの契約の場合がほとんどです。
契約社員のメリットの中でも、昇進などとは関係ないために人間関係のしがらみなどに縛られることがないという点は大きいです。
ただし、契約社員として働く場合は契約書を取り交わして仕事の内容や契約期間、給与体系などをきちんと確認する必要があります。
契約社員のデメリットとしては、契約更新をしてもらえる保障は無いため、常に次の仕事の心配をしなければなりません。
契約社員でも社会保険に加入することは可能です。ただし、契約書で2ヶ月以上の雇用期間があることが前提です。
契約社員でもボーナスを支給する企業は少なくありません。とは言っても、正社員と比べるとやはり差は付くようです。
さて、契約社員の場合でも正社員と同じく労働法が適用されるため、中途の退職は可能です。ただし、就業規則や契約書にある手順を踏みましょう。
契約社員が失業保険を受給するためには、1週間の労働時間が30時間以上の場合で就労期間が6ヶ月はあることが条件になります。
契約社員の募集はネットやリクルート雑誌にたくさん掲載されています。職種別に探すと自分の希望の仕事を探しやすいでしょう。
契約社員といっても、面接の際にはきちんとしたスーツを着ていくべきでしょう。ただし、リクルートスーツである必要はありません。
契約社員として採用された際には、自分のキャリアやスキルをアップするチャンスですから精一杯仕事をする自覚が必要です。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員と雇用保険 at 22:00| 契約社員について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
Global Search〜グローバルサーチ検索エンジンのサイトです。副業で稼ぐ為に検索エンジンに登録は必須です。この機会に無料で登録を! 契約社員と雇用保険の関係!契約社員が悩む雇用保険 TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。