スポンサードリンク

2010年03月12日

ただし、契約社員として働き始めたはいいけれど思っていた勤務体型とは違ったなどということの無い様に、しっかりと契約書を確認してください。

契約社員の全労働者に対して占める割合は2.3%程度ですが、企業で見ると契約社員を雇用している割合は10%を超えています。
契約社員と正社員の違いというと、契約社員の場合は言葉通り期間ごとの契約をするのに対して正社員は退職年齢までの雇用契約だということです。
契約社員のメリットには、定時になったら周りに気兼ねなく仕事を終えることができるという点があるでしょう。
ただし、契約社員として働く場合は契約書を取り交わして仕事の内容や契約期間、給与体系などをきちんと確認する必要があります。
契約社員のデメリットとしては、契約更新をしてもらえる保障は無いため、常に次の仕事の心配をしなければなりません。
契約社員でも社会保険には加入したいですよね?社会保険とは健康保険や厚生年金保険を含めた総称です。
契約社員の待遇の中で気になるのはボーナスの支給ですが、会社によっては正社員ほどではないにしろ多少のボーナス支給がある場合があります。
さて、契約社員が中途退職する場合、「やむを得ない場合」ならば解約も可能です。ただし、仕事がイヤなどの理由では会社側は契約の履行を求めることができます。
契約社員が失業保険を受給するためには、1週間の労働時間が30時間以上の場合で就労期間が6ヶ月はあることが条件になります。
契約社員の募集を探すのはリクルート雑誌を見るのが一番簡単です。その場合も業種別に募集があるので参考にしてみましょう。
契約社員の面接を受ける場合、スーツでない人はお断りという企業もありますから、きちんと確認をしておいてください。
契約社員はその職種の経験がある人を優先して採用することが多いですが、未経験者可の場合は新しいスキルを身につけるチャンスです。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員と雇用保険 at 20:00| 契約社員の待遇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

契約社員を雇用している企業が増えています。全企業に対しての割合では10%超ですが、特に都市部ではもっと多いでしょう。

契約社員を雇用している企業が増えています。全企業に対しての割合では10%超ですが、特に都市部ではもっと多いでしょう。
契約社員と正社員には大きな違いがいくつかあります。特に勤務時間については、契約時に自分の働ける時間を定めることで時間的な制約が少なくなります。
契約社員にはいくつかメリットがありますが、その中でも自分のスキルや資格を生かせる職場で働くことができるという点があります。
ただし、契約社員として働く際には口約束だけではなく、契約書を交わして雇用条件をしっかりと確認することがトラブルを避けるためにも大切です。
契約社員のデメリットには、会社が不景気の場合には正社員よりもリストラされる対象になりやすい点があげられます。
契約社員は社会保険に加入できないというイメージがありますが、週に30時間以上の勤務時間があれば一般被保険者になることができます。
契約社員にはボーナスが出ないといういうイメージも強いですが、実際のところ契約社員を雇用している企業の6割程度はボーナスを支給しているそうです。
さて、契約社員が中途退職を希望する場合には、契約書に基づいて「○日以上前に申し出ること」といった規定にしたがいます。
契約社員が失業保険をもらうためには、1週間の就労時間が20時間以上あること、1年以上引き続き雇用される見込みがあることなどの条件を満たす必要があります。
契約社員の募集は自分で見つけることもできます。希望の企業の人事担当に直接電話をしてみると詳細を教えてくれるでしょう。
契約社員といっても、面説は自分を売り込む場ですからきちんとしたスーツを着ていくのが基本です。ただし、学生でもないのにリクルートスーツは避けましょう。
契約社員の職を探すのなら、ネットで「企業名+採用情報」で検索をしてみると希望の会社が募集をしているかがわかります。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員と雇用保険 at 21:00| 契約社員の待遇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

契約社員の全労働者に対して占める割合は2.3%程度ですが、企業で見ると契約社員を雇用している割合は10%を超えています。

契約社員を雇用している企業が増えています。全企業に対しての割合では10%超ですが、特に都市部ではもっと多いでしょう。
契約社員と正社員の違いで大きなところでは、契約社員の場合は同時期に他の会社でも働くことができるという点でしょう。
契約社員のメリットには、派遣会社を通さないで企業との直接契約のためその分賃金が高くなる場合があります。
ただし、契約社員として働く場合は契約書を取り交わして仕事の内容や契約期間、給与体系などをきちんと確認する必要があります。

契約社員でも社会保険に加入することは可能ですが、きちんと契約書で2ヶ月以上の契約期間を結んでいることが条件です。
契約社員のボーナスは正社員ほどではないものの、何がしかの支給をしている企業が全体の6割程度はあるようです。
さて、契約社員の契約期間中でも退職は可能です。ただし、会社に迷惑がかからないような退職のしかたをするのは社会人として当然ですね。
契約社員が失業保険を受給するためには、1週間の労働時間が30時間以上の場合で就労期間が6ヶ月はあることが条件になります。
契約社員の募集広告は雑誌やネットでもたくさん掲載されていますが、希望の企業が決まっているのなら直接問い合わせをしてみるのも良いでしょう。
契約社員の面接の場合、ダークスーツが無難です。学生でないのならリクルートスーツはかえって浮いた印象をもたれることもあります。
契約社員を募集している企業を探す場合に、契約社員採用という表示の企業もあるので覚えておいてください。
ラベル:契約社員
posted by 契約社員と雇用保険 at 21:00| 契約社員の待遇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集
Global Search〜グローバルサーチ検索エンジンのサイトです。副業で稼ぐ為に検索エンジンに登録は必須です。この機会に無料で登録を! 契約社員と雇用保険の関係!契約社員が悩む雇用保険 TOPへ

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。